YouTube配信を作成したり視聴した時に思い出した事

YouTube配信をしやすくなる今日この頃、大多数の視聴者は閲覧している人の中で配信する事をしない利用者が多いです。先ずはYouTube配信を作成すると事の感想から述べます。配信をする時は時間に追われて閲覧する時間が取れませんでした。作業になれると上手い人を参考にしてYouTube配信を試みるが、未だに上手く行かない。それは、作業ニーズより閲覧をしたい人の為に要求・需要・必要とされる単一のターゲット層を掴むことが難しいのであります。このことについては現在のだんかいで試行錯誤中をしています。先ずはターゲット層の意味をリサーチすることに専念してからの結果になります。次に、視聴者としての見解を述べたいと思います。再生回数やチャンネル登録者数が多い専門のドラマやアニメチャンネルは昭和や平成時代にテレビ番組で放送してたのを、YouTube配信のおかげで休息がてらに視聴しています。そこで思い出した内容は放送ネタを知らず知らずに日常会話で使っていることに気づいて、仕事の仲間と会話する時に放送ネタを使うと会話がうまく行かなかった例もあった事です。最近の配信ネタはすぐに調べることができるので良いのですが、準備よりも周りと共感できるネタがたくさん欲しかった事に気づ来ました。以上の事から視聴頻度を日常に浸透率がどこにあるのか探す必要というのは、焦らず時間をかけて行うことが最善の方法であることを思い出しました。