ED治療薬ってぶっちゃけどう?

【危険度高】EDを改善する方法①ED治療薬の処方

EDを治すのであれば、ED治療薬を病院で処方してもう方法があります。

ED治療薬には、3つの種類があります。

有名なバイア〇グラ、即効性のレビ〇トラ、長時間効くシア〇リス。

それぞれの特徴を表にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

[jin-sen color=”#f7f7f7″ size=”3px”]

最初にご紹介するのは、日本でも多くの人に使用されている「バイア〇グラ」です。

以下、バイア〇グラの主成分や用法用量などを表にしましたので、参考にしてください。

バイア〇グラ
主成分 シルデナフィル
用法用量 1日1回1錠
作用までの時間 約1時間
持続時間 4時間
食事の影響 効果半減の可能性がある

バイア〇グラは、食事の影響を最も受けやすい特徴があります。

しかし、ED治療薬の中で唯一ジェネリック医薬品があり、安い値段でバ〇イアグラを購入できるのが嬉しいですね。

次に紹介するのは、ラテン語で「男の生命」という意味を持つ「レビ〇トラ」。

以下、レビ〇トラの主成分や用法用量などを表にしました。

レビ〇トラ
主成分 バルデナフィル
用法用量 1日1回1錠
作用までの時間 約1時間
持続時間 4時間
食事の影響 700㎉まで【お好み焼き1枚分】

レビ〇トラは、3つの治療薬の中で1番即効性があります。

早い効果が出る人で、15分程度で効果が発揮されるそうです。

他のED治療薬よりも一番粒が小さいことも関係しているのではないでしょうか。

食事の影響は受けにくく、大体お好み焼き1枚分までは大丈夫。

最後に、長時間効果が持続する「ウィークエンド・ピル」と呼ばれる「シア〇リス」を紹介します。

シア〇リスの用法用量などをまとめましたので、参考にしてください。

シア〇リス
主成分 タダラフィル
用法用量 1日1回1錠
作用までの時間 約1時間
持続時間 30~36時間
食事の影響 影響されにくい

シア〇リスは、最も食事の影響を受けづらく、長時間の持続力があります。

「持続時間内にセッ〇クスを終わらせなければ!」と焦ったり、飲むタイミングを気にしたりする必要はありません。

しかしシア〇リスは作用時間が長い分、効き目も徐々に効いてくるので、余裕をもって服用しておくと良いでしょう。

[jin-sen color=”#f7f7f7″ size=”3px”]

さて、3つのED治療薬を服用するにあたって気を付けなければならないのは、どれにも副作用があること。

  • 頭痛
  • 顔のほてり
  • 鼻づまりなど

更に、ED治療薬には併用禁止の薬があります。

例えば、血管を拡張させ血圧を下げる効果のある狭心症の薬が挙げられます。

ED治療薬には、血行を良くする成分が配合されています。

ですから、狭心症の薬と併用すると血管拡張作用が強くなって、命を脅かしてしまう危険があるのです。

「ED治療薬と併用できない薬を飲んでいる!」そんな方は、ED治療を行うことができないのか。

安心してください。

ED治療薬を服用できない方は、増大サプリを飲んでみてはいかがでしょうか。

血流促進にも効くので、ED治療薬を服用せずとも、根治できる治療法です。