言葉を学ぶには彼女を作ったらいいのだ

また郵便受けに投げ込まれていた犬の耳と鼻は神主さんがすぐに処分してしまったが一件落着した施術後殺されたと思った。
飼い犬は無事に縁の下から発見されたその後俺も狐様に着かれそうになったこともあったが狼様の少年のおかげで事なきを得その騒動の後で俺は神主さんの娘の裕子さんと親しくなりドキドキ食事やドライブをしたりするようになった彼女は国立大学での菜園であり長い黒髪を持つ美人である頭の良い彼女との会話は楽しく勉強になる。
ことばかりでゆうこさんと過ごす時間はとても楽しいものだったある時俺が事務所に帰ると家田さんが待っていたお忙しいのにごめんなさいといいたいところだが、本当はそんなこともなかったのかもしれないね