自分の肌が何肌かわからず最適なスキンケアができなかったことに悩んだ私が実践したスキンケア方法

私が悩んでいたのは自分の肌が何肌かわからず最適なスキンケアができなかったことです。それにより肌はよく荒れてニキビが顔中にできニキビ跡ができひどい状態でした。ニキビを治してもまたできて同じ場所に繰り返しできるニキビでした。
私が実践したスキンケア方法は美顔器を使う、乳液を辞めてクリームにする、パックをやめるです。美容液、化粧水までして美顔器を使って美顔器が終わったらニキビ跡にもう一度ビタミンの美容液を塗ってその上からクリーム、できたニキビに薬を塗るようにしています。
私が実践したスキンケア方法を実践してどうだったかというとニキビが少しずつ減って、ニキビ跡の素になるものはなくなりました。ニキビ跡も少しずつ薄くなっています。乳液からクリームに変えたことで顔がベタつかなくなりました。パックもやっていないので潤いが最初は足りないかもしれないと不安でしたが特に変化はないのです。
このスキンケア方法をオススメしたい人は私と同じようなニキビ肌の人です。程よい水分と部分的に必要な美容液が私のようなニキビ肌には合うと思います。また乳液の油分が苦手なニキビもあると思うのでそこをクリームに変えるとニキビ肌には合うと思います。
最初から全部スキンケアを変えるのではなく今自分がやっているスキンケアの何が自分に合っていないか確かめて向き不向きに気づけたら自分に必要なケアを取り入れていけばいいと思います。
まずは自分の肌に合うものを探してください。
【PR】
武蔵野市でコンタクトレンズ<を購入する/a>にする前にはこちらのサイトを一度見ておくことをお勧めします。