双極性障害の症状

双極性障害は、気分が高揚する躁病エピソードと気分が落ち込むうつ病エピソードが繰り返し起こることが特徴です。
躁状態では、人格が変わったかのように気分が高揚し、異常なハイテンションの状態になります。
一方、抑うつ状態では、心身ともにエネルギーが枯渇したような状態になり、ネガティブな気分がいつまでも続くように感じられる。
双極性障害でも楽しく生きるジョーくんのブログ|双極ブログ

気分が高揚する躁状態と、気分が落ち込む鬱状態は、同じような現れ方をしている。
気分が高揚する躁状態と気分が落ち込む鬱状態

躁状態やうつ状態は「性格」だと誤解されがちですが、双極性障害は「性格」の病気ではありません。治療が必要な「脳の病気」なのです。

躁状態の主な症状
躁状態では、自分は何でもできると思ったり、ほとんど眠らなくても平気だったり、一晩中しゃべり続けたりすることがあります。
また、周囲を驚かせるような高価な買い物を簡単にしたり、口喧嘩で相手に暴言を吐いたりすることもあります。

躁病の主な症状

躁病の主な症状
自分に自信が持てるようになる
眠れなくても平気になる
おしゃべりになる
活動的になる
雑念がわく
気が散る
興奮する
高価な買い物をする
危険な行動