スキンケアを頑張ると絶対に肌は応えてくれる

スキンケアは本当に本当に大事です。
私は子供の頃から毎日海で遊び、中学生からはほぼ毎週サーフィンをして生きてきました。
子供だったので、日焼け止めも塗っていませんでしたし、
海から上がってシャワーを浴びても、化粧水や乳液をつけたりだとか、パックをしたりだとか
そんなことは一度もしなかったですし、やろうと思ったこともなかったです。
大学生になって、周りの女の子たちがメイクを始めて、すごく綺麗になっていく姿に憧れて
私も生まれて初めて、メイクをしてみようと思いました。
ただ、その頃は健康的な黒い肌よりも真っ白いお姫様のような綺麗な肌が人気で、
私は真っ黒で、若いのに潤いもハリもなく、もう土台が全然違いました。
しかも、20歳のくせに顔に小さなシミまであってガッカリ。
そこで初めて、親に「ちゃんと日焼け止めを塗りなさい」とか、
いとこのお姉さんに「スキンケアをしっかりとしないと後悔するよ」と何度も言われた意味がわかりました。
だけどもうその頃は20代だったし、今更意味ないかなぁと思いつつも、やっとそこからスキンケアを始めました。
私がやったことは本当に基本的なことだけです。
しかも、お金がなかったので安くていっぱい入った化粧水や乳液を使いました。
元々顔に何かを塗ることが苦手だったため、とにかくベタベタしないものを選びました。
朝、洗顔後に化粧水と乳液をつけて、その後日焼け止め。
日焼け止めは3時間ぐらいで塗り直した方がいいと言われたので、お昼休みに塗り直し。
夜のお風呂後はこれまた安いパックを使い、肌に潤いを与えます。
それから化粧水と乳液を手を使ってしっかりと肌に浸透させます。
私がやったのはたったのこれだけです。
当然ですが、10代の時から肌に気をつけてきた人、スキンケアを頑張ってきた人と私の肌は
比べものにならないでしょう。
でも、20代になってからでも『やらないよりはマシ』だと、30代になった今は思います。
だって、大学生の時に肌年齢を測定してもらった時は『32歳』だったのに、
30歳の時に測定してもらったら『24歳』だったので、やっぱり努力の結果は出ていると思います。
スキンケアはやればやるほど効果が出るので、絶対にやった方がいいですよ。
とうきのしずく 定期便