アトピー性皮膚炎にどんな選択肢がある

アトピー性皮膚炎(AD)は、痒みのエピソードを繰り返し、慢性的に再発を繰り返す一般的な炎症性皮膚疾患である。現在、アトピー性皮膚炎の治療には、副腎皮質ステロイドなどの外用薬や抗アレルギー剤の内服薬が使用されている。しかし、ADは慢性・再燃性疾患であるため、長期にわたる有効な治療が困難な場合があり、副作用が少なく、長期にわたり忍容性の高い、より優れた治療法の確立が求められています。日本では漢方薬として知られている伝統的な漢方薬は、長い歴史を持ち、ADを含む様々な疾患の予防や治療に役立っています。漢方薬の中には炎症性皮膚疾患の治療に有用なものがあり、漢方薬を用いた新しいAD治療薬の開発に注目が集まっています。ADの標準的な漢方処方は、”熱証”、”血証”、”気証”、”お血証 “の症状を取り除くのに有効である。本稿では、AD治療における漢方薬の有効性について考察する。漢方薬の作用機序を知ることは,ADの薬物療法の選択肢を増やすことにつながるであろう。
アトピー性皮膚炎(AD)は、アトピー性湿疹としても知られ、炎症細胞の浸潤、広範囲のそう痒、および症状の再燃と寛解を繰り返す臨床経過を特徴とする一般的な慢性炎症性皮膚疾患である[1]。本疾患の病因は現在ではより良く理解されており、そのプロセスに関与する重要な因子として、遺伝的因子、皮膚バリア機能障害、免疫調節異常が挙げられる[2]。病変は、急性期AD患者では浮腫を伴う紅斑、滲出性丘疹、小水疱が多く、慢性期AD患者では苔癬化した肥厚性プラークが観察される。現在、ADの治療には、炎症を抑えるための副腎皮質ステロイド外用剤や抗アレルギー剤の内服、皮膚の生理的機能障害を改善するための保湿剤などが使用されています。一部のAD患者はこれらの従来の治療法に抵抗性を示し、現在のAD治療ガイドラインでは、紫外線光線療法やシクロスポリン経口剤など、さらに集中的な治療法の使用が推奨されています。しかし、ADは慢性的で再発しやすい疾患であるため、効果的な長期治療を行うことが困難な場合があります。したがって、副作用が少なく、変化する疾患の経過に十分耐えうる、より優れた治療法を特定することが求められています。
漢方薬は長い歴史があり、ADを含む様々な炎症性皮膚疾患の予防と治療に役立っています。そんな漢方は評判の店で買うといいです。東京美肌堂 口コミ。実際、基礎治療に抵抗性のあるAD患者さんに対して、漢方薬による適切な治療が有効であることが証明されています。さらに、現在、多くの患者さんが漢方薬による治療を求めて内科を受診しています。