とにかく安く介護施設に入る方法はこれです!

とにかく安く介護施設に入る方法はこれです!
意外と知らない介護施設は安くは入れる方法がある!
少子高齢化社会となり介護が社会問題となっている中、介護している家族には身体的負担、経済的負担が大きくのしかかってきます。また、介護は他人ごとではなく、おそらくほとんどの方が何らかの形でかかわる必要がある、だれにとっても重要な問題です。そして中には介護の費用が十分払えないということで、施設に入ることもできず、十分な介護を受けられない状態で自宅で生活している人も少なくありません。
しかし、介護施設と言っても現在は様々な種類の施設があり、よく探せば、自分に合った介護施設を探すこともできるようになっています。例えばとにかく安く施設に入りたいと思えば安く入れる介護施設もたくさんあります。
そこで今回は、とにかく安く外語施設に入る方法を紹介していきたいと思います。
とにかく安く入れるのは特別養護老人ホーム!
介護施設にはたくさんの種類があります。
特別養護老人保ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅など、その形態やサービス内容、金額など、とにかくそれぞれ全く違ってきます。
どのサービスがいいとか悪いとかそういったことは、個々の施設によって違うので、どれがいいとは言いにくいものですが、とにかく安く施設に入りたいと思ったら、特別養護老人ホームが一番お勧めです。
特別養護老人ホームは昔からある介護施設をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。たくさんの利用者さんが大勢で生活するいわゆる介護施設です。この施設は介護保険でも減額制度などが充実しており、サービスも施設でほぼ完結できることもあり、他の施設に比べてもともとかなり安いのが特徴です。
特別養護老人ホームが施設の中でも安くは入れる理由とは!
また特別養護老人ホームには安くは入れる理由があります。
その一つがこれです。
特別養護老人ホームなど限られた介護施設には、介護保険負担限度額という制度があります。介護保険負担限度額とは所得の低い方は、部屋代と食事代を通常より減額しますよという制度です。この制度があることによって、その人の年金などの収入額によって、入所費用が変わってくるのです。ですから収入の少ない人は安く入居することができます。
では、どのくらいやすくなるのか。それは入る施設によって一部変わってくる部分があるのですが。例えば食事代なら通常の場合と減額があった場合で1日1000円ほど違う場合もあります。1日1000円というと、一か月で30000円も変わってくるのです。
特別養護老人ホームが施設の中でも安くは入れる理由とはパート2
先に説明した通り介護保険負担限度額の制度利用によって、食事代は月30000円も安くなることがありますが、食事代だけではなく部屋代も安くなります。ただ大部屋だともともとの部屋代が一般的な介護施設の部屋代よりも大幅に安いので、限度額の申請をしていても余りやすくはなりません。とはいえ一般的な介護施設に比べるとひと月数千円から2万円ほどは安いので、特別養護老人ホームの大部屋はとにかく安く入れます。また個室においても、介護保険の負担限度額によって数千円から数万円も安く入れる場合があるので、必ず制度を利用しましょう。
とはいえ無難なのは、特別養護老人ホームに入るなら大部屋を選ぶことがとにかく安く入所する方法です。
とにかく安く施設に入る方法のまとめ!
今回は介護施設にとにかく安くはいる方法を少し紹介させていただきました。
まとめると、まず一点目、安い施設を探しているなら、特別養護老人ホームがおすすめ。
二点目、特別養護老人ホームは、介護保険負担限度額によって食事代が大幅に安くなる場合がある。
三点目、特別養護老人ホームは、介護保険負担限度額によって部屋代が安くなる場合がある!また大部屋はとにかく安い!
また、安い施設を探して特別養護老人ホームに入ることが決まったら、介護保険負担限度額の申請を忘れず行いましょう。
特別養護露人ホームは人気の介護施設なので、待機者もとても多くなかなかは入れない場合もあります。特別養護老人ホームを希望されるなら、入りたい時ではなく、入る可能性があるのなら少し早めから申し込んでおくことをお勧めします。