そこにはとても感動しました。

映画:ビリギャルはいかにも勉強ができなさそうな女子高生(実際に本当にできない)が慶応大学を目指し、その過程をえがいたドラマ。
日本の映画はあまり見ないのですが、教師をしているの見てみました。とても感動しました。
話の流れで受験することになり、周りの人はみんな無理だと思っていましたが、友達と母、妹はいつも支えてくれました。
本人が一生懸命頑張ってだんだん成長した過程もよかったのですが、友情に感動しました。
初め友達は応援はしてくれていましたが、本当に受かるかなとう気持ちだったと思います。毎日、一緒に遊んでいたのですが、そんな中、一人で勉強してる姿を見て、友達も本気なんだと思いました。ある日友達から大事な話があると呼び出されました。
友達から「もうあんたとは遊べない」と言われ、びっくりした様子でした。そのあと友達は「そのかわり、慶応絶対に受かってね。そしたら、また遊ぼう。だから、頑張ってね」と言われ、号泣してました。
ドラゴン桜・・これもまたバカな学生が東大を目指し、受験するという話しです。
県1番のバカ学校が学校再建のため、東大合格者を5人出すという話しで、その指導がかりが弁護士がすることになりました。
受験シーズンにはもってこいの内容で、勉強の仕方なども学べるドラマかなと思いました。将来のことも考えさせられました。
大学はみんなが行くからとか大学へ行かないと就職できないからと思っていました。
このドラマを見て本当の意味がわかったような気がしました。
大学で学んだ知識も必要ですが、社会の仕組みや社会へ出てからのこと、これからどう生きていくかなど考えさせられました。
今話題のNFT始め方など自分だけかもしれませんががんばってみたいとおもいます。