あごのニキビ対策について

私が悩んでいたのは、あごのニキビです。小さいものから大きいものまで繰り返し出来てしまい、メイクでも隠しにくいので、とても気分が落ち込みました。コロナ生活のマスクによる擦れや蒸れも原因だったと思います。
私が実践したスキンケア方法は、とにかく保湿でした。今までは、ニキビのトラブル=皮脂が原因という思いから、ベタつきがきな乳液を敬遠していました。しかしニキビケアには保湿が重要と知り、夜だけでなく朝も、化粧水の後に乳液を塗るようにしました。
私が乳液をしっかり塗る方法を実践してどうだったかというと、少しずつニキビが減ってきました。特に大きく化膿するようなニキビが出来なくなりました。私はあごが乾燥する肌質だった為、朝に乳液を塗ってもベタつくことはなく、ストレスにはなりませんでした。肌がしっとりする分、化粧のノリも良くなった感じがしました。
あごのニキビを治す為に、乳液をしっかり塗る方法をおすすめしたい人は、混合肌の人や乾燥肌の人です。特に私のような混合肌は、額や頬が油分でテカリやすいので、乳液を避けがちかもしれません。夜だけでなく、朝も乳液をつけることをおすすめします。おすすめしないのは、オイリー肌の人だと思います。
乳液をしっかり塗ることで、保湿ができ、マスクの刺激にも効果があると思います。私は、冬はしっとりタイプ、夏は敏感肌タイプと、季節で乳液の種類を変えています。テクスチャーや使い心地は様々なので、自分に合った乳液を探して使ってみてください。